気管支喘息の治療期間について|ベルいやしの呼吸器内科・内科|福岡市早良区小田部の呼吸器内科

〒814-0032 福岡県福岡市早良区小田部7丁目16-1
092-984-0101
ヘッダー画像

医療コラム

気管支喘息の治療期間について|ベルいやしの呼吸器内科・内科|福岡市早良区小田部の呼吸器内科

皆さんこんばんは。気管支喘息の患者さんが非常に多いので、今回はその治療期間についてお知らせしたいと思います。

気管支喘息の治療役である吸入療法ですが、これは気管支に直接届くように作られており、内服する薬の量よりも非常に少量の投与で治療ができるようになっております。

この吸入療法ができるようになってから、喘息で入院したり喘息死を起こす患者さんが急速に減りました。重要なことは、早くきちんと喘息と診断して治療を開始することです。

吸入は飲み薬より面倒と考える患者さんが多いのですが、実は体の負担の少ない優れた治療法です。うちのクリニックではなるべく早く治療開始をすることによって、その後の経過をみて治療を終了することを目指しております。まずは長引く咳を感じたら、早めに受診いただきたいと思います。