PM2.5と気管支喘息は関係ありますか?|ベルいやしの呼吸器内科・内科|福岡市早良区小田部の呼吸器内科

〒814-0032 福岡県福岡市早良区小田部7丁目16-1
092-984-0101
ヘッダー画像

院長ブログ

PM2.5と気管支喘息は関係ありますか?|ベルいやしの呼吸器内科・内科|福岡市早良区小田部の呼吸器内科

皆さんこんにちは!院長の猪島です。さて、PM2.5が春になると盛んに飛んできます。気管支の中は何を吸引したかによって刺激を受けます。むろん空気中に浮かんでいる細かな粒子からの影響を受けることになります。PM2.5はとても細かい粒子で、普通のマスクではなかなか完全には防げないものです。春になって、気管支喘息発作で受診される患者さんが増えておられます。もちろん、新年度に変わってストレスもあるでしょうし、風邪を引くこともあるでしょうからそのために悪化している可能性もあるのですが、やはり空を見上げて妙に白光り?をしている空を見ると、他の物質による刺激で気管支が炎症を起こして、気管支喘息発作を起こすことは考えられます。気管支喘息をお持ちの方は、きちんとコントローラーを症状がなくても吸入して普段の発作を起こさないように気をつけてお過ごしいただきたいと思います。それでも発作を起こした方は、クリニックに来ていただいて点滴を受けていただきたいです。呼吸が楽になるのを点滴中にかんじる方が非常に多いです。
咳の症状は大変しんどいものです。夜眠れないと尚更です。我慢せずに、きちんと喘息かどうか診断を受けてほしいと思います。